2016年6月20日

最新公演情報

ベッド&メイキングス第5回公演

「あたらしいエクスプロージョン」

 

OMOTEol

cast_all

 


全24公演終了致しました。
本当にたくさんのお客様にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
これからも、ベッド&メイキングスをどうぞよろしくお願い致します。

B&M1

B&M2

    撮影:引地信彦


 

「あたらしいエクスプロージョン」

浅草九劇こけらおとし公演

<日  程> 2017/3/3(金) ~ 2017/3/21(火)
<会  場> 浅草九劇
<作・演出> 福原充則
<出  演> 八嶋智人 / 川島海荷 / 町田マリー
       大鶴佐助 / 富岡晃一郎 / 山本亨

URA

・受付&当日券販売は開演の60分前
・30分前開場
・未就学児童のご入場はお断りします
※開演時間を過ぎますと指定のお席にお座りいただけない可能性がございます。

 

【上演時間】2時間(休憩なし)

 

【当日券】

・当日券は必ず販売します(各公演ごとに枚数は異なります)。
※各公演とも開演の1時間前より販売

【当日引換券】【指定席引換券】

・残席がある公演に関して販売します。
・いずれのチケットも発券手続き後、当日受付にて指定席券と引換になります。

「当日引換券」→ぴあ にて取扱い。公演前日の23:59までご予約可能。
http://w.pia.jp/t/bedandmakings/

「指定席引換券」→カンフェティにて取扱い。開演時間の3時間前までご予約可能。
http://confetti-web.com/bedandmakings/

 


◎チケット好評発売中!(全席指定)

●前売    ¥5,000
●当日    ¥5,200
●学生割引  ¥3,500(※)
●高校生以下 ¥1,000(※)

※学生のお客様を対象としたチケットです(前売のみ)。
当日劇場受付にて開演30分前から指定席券とお引換え頂きます。
引換え時に、学生証の提示が必要です。
お1人様1枚まで購入可。 (チケットぴあのみ取扱/当日引換券※要学生証提示/整理番号なし)

◎お問合せ:サンライズプロモーション東京
TEL.0570-00-3337(受付時間/10:00〜18:00)

flyer1_btn   flyer2_btn

 

●サンライズオンライン
http://sunrisetokyo.com
(パソコン・携帯)

●チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:455-140)
http://w.pia.jp/t/bedandmakings/
(パソコン・携帯)
(セブンイレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗)

●イープラス
http://eplus.jp/bedandmakings/
(パソコン・携帯)
(ファミリーマート店内(Famiポート))

●ローソンチケット
0570-084-003(Lコード:32104)
0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
http://l-tike.com/bedandmakings/
(パソコン・携帯)
(ローソン、ミニストップ(店内Loppi))

●Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/bedandmakings/
0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00~18:00 ※オペレーター対応)

 


【浅草九劇(あさくさきゅうげき)】

“世界で活躍するエンタテインメントの創造”をめざして浅草に生まれる、演じる人・創る人・観る人、三者三様“九重”の個性が出会う新しい創造の場。
http://asakusa-kokono.com

asakusakyugeki_map
※ひさご通り商店街「米久本店」の向かいです
<住所>
〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2
TEL.03-5759-8009

<アクセス>
・つくばエクスプレス「浅草駅」徒歩3分
・東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線「浅草駅」徒歩10分
・東京メトロ銀座線「田原町駅」徒歩10分
・都営浅草線「浅草駅」徒歩13分

tsukubaex_taharamachi
 
ginzaline_isesakiline_toei
 


【上演によせて】

 娘が保育園で好きな男子とキスをしているらしい。まぁいろいろ思うところがありつつ、止めるのもなんだし、止めようもないしと思っていたら、ある日「もうキスはしない」と言いだした。「どうして?」と聞くと「口が腐るらしい」とのこと。保育士の先生の方便であるが、見かねるくらいキスをしていたのだろうか。
 南米の高地には「お互いがお互いをキスで腐らせて死んでいく虫」がいるそうだ。2匹の虫が腐って一対となった状態の死骸は、恋愛のお守りとして重宝されているらしい。詳しく調べると、口から出る粘液で相手を溶かして食べているだけの野蛮な虫にしか思えませんでしたが。

 なんて話をなんで書いたかというと今回はキスの話なのです。
 それを誰が始めたかはわからないけれど、それを誰が広めたかについては書けそうだなと長年ネタ帳の隅で出番を待っていたアイデアです。

「初めてのキスシーンを撮った邦画」を基にしたお話、ご期待ください。虫の話は嘘です。

<福原充則>

OMOTEol

 

 お久しぶりですこんにちは。
こけら落としの次回作はベッド&メイキングス史上最小人数のキャスト6人!一人何役やるんだろね!
初春から賑々しく浅草で新作お披露目。
劇場は仲見世を通り抜けて花やしきのすぐそば。
あたらしい劇場であたらしいこと。あたらしいエクスプロージョン。小粋に壊すよ!
welcome foreigner!

<富岡晃一郎>


【出演者プロフィール】

01yashima
八嶋智人(Yashima Norito)

奈良県出身。
1990年、松村武らと共に劇団カムカムミニキーナを旗揚げ。以降、劇団の看板俳優として活動し続ける一方で、ドラマ『古畑任三郎』や『トリビアの泉~素晴らしきムダ知識の泉~』等のバラエティ番組への出演を機にブレイク。以降、数々のドラマ、映画、ラジオ、CM等に出演。
主な出演作にドラマ『HERO』『新選組!』『マッサン』、映画『3D怪物くん』『円卓』『アーロと少年(声の出演)』など。
近年の舞台出演作品は、劇団本公演の他、『抜目のない未亡人』『國語元年』『消失』などがある。

 

02kawashima
川島海荷(Kawashima Umika)

1994年3月3日生まれ。
2006年女優としてデビュー。以降、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS)、『高校生レストラン』(NTV)、『ぴんとこな』(TBS)、『花燃ゆ』(NHK大河)、映画『私の優しくない先輩』、『怪物くん』、『星守る犬』を始め、数々の作品に出演。
2013年に初舞台「大パルコ人②バカロックオペラバカ『高校中パニック!小激突!!』」に出演。
2016年10月より、日本テレビ系情報番組『ZIP!』(毎週月~金曜日あさ5:50~8:00)に総合司会として出演中。

 

03machida
町田マリー (Machida Marie)

千葉県出身。
立教大学在学中に江本純子と劇団「毛皮族」を旗揚げし、看板女優として活躍。その他『日本人のへそ』『サド侯爵夫人』『THE BIG FELLAH ビッグ・フェラー』、KERA・MAP『グッドバイ』、ロ字ック『荒川、神キラーチューン』など舞台出演多数。
また近年は映画『恋の罪』『俺俺』『ワンダフルワールドエンド』『オー・マイ・ゼット!』『なりゆきな魂、』、ドラマYTV『恋愛時代』『遺産相続弁護士 柿崎真一』、TX『潜入捜査アイドル 刑事ダンス』、TVCM『アクサ生命』など映像作品でも活躍。

 

04otsuru
大鶴佐助(Oturu Sasuke)

東京都出身。
2005年、12歳の時に映画『ガラスの使徒』でデビュー。
2007年、NHKドキュメンタリー番組『わたしが子供だったころ』で唐十郎の幼少時代を演じる。
主な出演作品に、映画『桐島部活やめるってよ』『スープ~生まれ変わりの物語~』『EDEN』『神様の言うとおり』『おかあさんの木』、ドラマ『世にも奇妙な物語‘14春の特別篇』(CX)、『ゆとりですがなにか』(NTV)、舞台NINAGAWA×SHAKESPEARE公演『ロミオとジュリエット』『盲導犬』『ジュリエット通り』『イトイーランド』など。

 

05tomioka
富岡晃一郎(Tomioka Koichiro)

東京都出身。
「阿佐ヶ谷スパイダース」「柿喰う客」などの劇団公演やブロードウェイミュージカル、音楽劇など、ジャンルを問わず幅広く活動。2011年、脚本家・演出家の福原充則と演劇ユニット「ベッド&メイキングス」を旗揚げ、共に主宰をつとめる。近年の主な舞台作品は『はたらくおとこ』『幕末太陽傳』『MORSE-モールス-』、ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』など。またTVドラマ『南くんの恋人~my little lover』、TX『潜入捜査アイドル 刑事ダンス』、映画『アズミ・ハルコは行方不明』(16年12月全国公開)、WEBムービー ネスレ『ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi[アイ]』など映像作品でも活躍。

 

06yamamoto
山本亨(Yamamoto Akira)

1961年2月7日生まれ。滋賀県出身。
90年、つかこうへい氏に見出され『幕末純情伝』再演で岡田以蔵役を演じ話題を呼ぶ。以降『飛龍伝92』『蒲田行進曲完結編銀ちゃんが逝く』等つか作品の顔となる。その後tptを中心に活動を続け、近年は若手劇団への客演や劇団☆新感線、パルコ、新国立劇場等に出演。
13年第1回すみだパークスタジオ演劇賞を受賞。
主な出演作は、舞台『乱鶯』、ドラマ『ルーズベルト・ゲーム』、映画『地獄でなぜ悪い』、他。
福原作品には2012年のベッド&メイキングス第2回公演『未遂の犯罪王』以来2度目の出演になる。

 


 

<グッズ情報>

「あたらしいエクスプロージョン」限定オリジナルTシャツ

1枚1枚組み合わせを変えてプリントしているので、ほぼすべてが限定品となっております。
劇場でお求めください!

B&M2017_AD

 


音楽:和田俊輔 美術:稲田美智子 音響:高塩顕 照明:斎藤真一郎
衣裳:髙木阿友子 ヘアメイク:大宝みゆき 演出助手:入倉麻美 舞台監督:金安凌平

宣伝写真:露木聡子 宣伝美術:今城加奈子 頭巾制作:土谷朋子 Web制作:橋本千恵子 プロデューサー:笠原健一

協力:シス・カンパニー/レプロエンタテインメント/フライングボックス/krei inc./ゴーチ・ブラザーズ/ノックス

後援:TOKYO FM

助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人 東京都歴史文化財団)/公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

企画・製作:ベッド&メイキングス/プラグマックス&エンタテインメント

arts_logoasahigroup_logoasakusakyugeki_logo